津八幡宮(つはちまんぐう)

380年以上続く津祭りの開催される津八幡宮

京都・石清水八幡宮より八幡神(=応神天皇)の御分霊を勧請した津八幡宮は、江戸時代津藩主2代高次が千歳山から現在地に移し、津城を建築した藤堂高虎の御霊を合祀して、津城下の総氏神としました。

そして八幡宮の氏神祭として津まつりが始まり、380年以上の長きにわたって祭りが続いています。

津八幡宮は旧県社の一つにも数えられています。

津八幡宮へのアクセス

近鉄:南が丘駅から2.6㎞、津新町駅から3.2㎞、久居駅から5.2㎞
JR:阿漕駅から2㎞、高茶屋駅から3.7㎞

津八幡宮近隣のおすすめスポット

結城神社(北へ約270m)

高山神社(北西へ約2.9km)

津八幡宮関連の聖地巡礼リスト

旧国官社・県社めぐり

結城神社(北へ約270m)、高山神社(北西へ約2.9km)、香良洲神社(南東へ7.7㎞)

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 伎留太神社(きるたじんじゃ)

  2. 近鉄 鵜方駅(うがたえき)

  3. 星川山 安渡寺(ほしかわざんあんどじ)

  4. 諏訪神社(すわじんじゃ)

  5. 熊野那智大社(くまのなちたいしゃ)

  6. 耳常神社(みみつねじんじゃ)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク